TOPICS

  • 必要経費はどこまでOK? 必要経費はどこまでOK?

    フリーランスとして確定申告をするにあたり、多くの人が悩むのが「どこまでが必要経費になるか」の判断です。

  • 白色と青色を分ける基準とは 白色と青色を分ける基準とは

    フリーランスの確定申告、青色と白色どっちを選べばいいのか悩んでいる人のためのお役立ち情報を紹介します。

  • 迷ったら困難な道を選択しよう 迷ったら困難な道を選択しよう

    独立して自由を手に入れるか、もしくは安定を死守するべきか。迷って一歩が踏み出せない時に役立つヒントを紹介します。

必要経費はどこまでOK?

必要経費はどこまでOK?


大前提をおさえる

仕事の必要経費に該当するのかどうかという判断は難しいものですが、大前提となるルールがあります。それは必要経費と見なされるのは「事業に関連した支出のみ」というものです。事業に関係のない支出は必要経費とはみなされません。しかし裏を返して言うと、事業に関連していれば必要経費と見なされるということになります。このルールは基本的なことなのでしっかりおさえておいてください。

仕事中に飲んだ飲み物は?

自宅で仕事をしているフリーランスの方の場合、生活にも仕事にも使っているものがあるはずです。そういったものは果たして仕事で使っていても本当に必要経費として見なされるのかどうかわからないと思っている人もいるのではないでしょうか。
たとえば必要経費としてみなされるか判断しづらいものには家賃や水道代、インターネット料金、光熱費、電話代などがあります。これらは合理的な基準によって経費とみなされる部分とそうでない部分とに分けられることになります。合理的な基準とは、たとえば仕事に使った割合や面積割合などのことです。仕事と普段の生活で共有している部分がある場合、使用比率などに基づいて何割かが経費とみなされることになります。基準については各自で定めることができますが、客観的に納得できるような根拠を提示することが必要です。このように合理的な基準で経費を分けることを家事按分と言いますので覚えておきましょう。仕事中に飲んだコーヒーなども家事按分が可能ですので、根拠となる資料は用意しておきましょう。

テレビやAV機器は?

青色申告をしている個人事業主で、30万円未満の備品を購入した場合、年間で300万円までが費用になります。費用として計上することで所得が減るので税金対策にもなります。テレビやAV機器でも30万円未満で仕事で使うものであれば費用にすることができます。フリーランスの方でしたらパソコンやデスク、テーブルなど仕事で使う備品であれば費用として経費にできますので、遠慮せずに計上するようにしましょう。

交通費は?

交通費は費用にできないと思っているかたが多いようです。おそらく領収証を受け取ることができないから費用にできないと思われているのでしょうが、経費にする方法はあります。いつ、どこからどこまで、何の目的で何に乗り、いくらの交通費を払ったのかを記録しておいてください。これを証憑として経費にすることができます。
仕事で出張をしたついでに旅行をした場合、旅費は経費にすることができます。宿泊費は日数按分で経費に分けることが可能です。出張と旅行に行った日付や行程などをきちんと記録しておくようにしましょう。このように必要経費とは見なされないようなものでもしっかりと根拠があれば意外と経費と見なされるものです。税金対策のためにもしっかり計上するようにしてください。なお経費か否かの最終判断は自己責任でお願いいたします。

フリーランスのおすすめ記事

屋号はどうやって決める?
"屋号はどうやって決める?
確定申告とは何か
"確定申告とは何か
トラブルを防ぐ契約書を作ろう
"トラブルを防ぐ契約書を作ろう

ページトップへ遷移