TOPICS

  • 必要経費はどこまでOK? 必要経費はどこまでOK?

    フリーランスとして確定申告をするにあたり、多くの人が悩むのが「どこまでが必要経費になるか」の判断です。

  • 白色と青色を分ける基準とは 白色と青色を分ける基準とは

    フリーランスの確定申告、青色と白色どっちを選べばいいのか悩んでいる人のためのお役立ち情報を紹介します。

  • 迷ったら困難な道を選択しよう 迷ったら困難な道を選択しよう

    独立して自由を手に入れるか、もしくは安定を死守するべきか。迷って一歩が踏み出せない時に役立つヒントを紹介します。

確定申告とは何か

確定申告とは何か


確定申告とは

確定申告とは、簡単に言うと税金の計算をして税務署に申告、納税することを言います。今まで会社に勤めていた方は税金に関する処理は会社がやってくれていたはずですが、フリーランスになると自分で確定申告をしなければいけません。申告の時期は2月16日から3月15日の一ヶ月間と決まっています。税金の計算をしなければならない期間は前年の1月から12月末までです。その期間の税金を計算した上で税務署に確定申告書というのを提出し、納税をする必要があります。
申告と納税が期限に間に合わなかった場合、罰金が課せられます。期限後に申告すると罰金の他にも不利になることがあります。それは銀行から融資を受ける際にマイナスポイントとして扱われるということです。融資というのは信用問題ですから、期限内にしっかりと確定申告ができる人でないと銀行から見ると信用できない人物と見られてしまうというわけです。確定申告を決められた期限内に行うのは当然のことですが、将来的に事業の拡大を考えているのであれば、確定申告は絶対に忘れずに期限内に行うようにしましょう。

お金が戻ってくる還付申告

確定申告は税金を納めるものですが、納めた税金が戻ってくるケースがあります。そのためには還付申告という申告をする必要があります。ちなみに確定申告は義務ですが、還付申告は必ずしもする必要はありません。しかし申告することでお金が戻ってくるわけですから申告をすることをおすすめします。
さて、お金が戻ってくるケースにはどのようなものがあるのか気になるところでしょう。フリーランスとして独立した方に当てはまりそうなケースとしては、「年内で退職し、年末調整がまだという場合」というのがあります。他にも医療費の支払いが10万円以上だったり、寄付をした場合、ローンで住宅を購入したような場合には還付申告をすることでお金が戻ってくることがあります。

確定申告が必要なケース

確定申告が必要なケースとしては、給与が年間で2000万円を超えた場合、2カ所以上から給料を貰っている場合、副収入で年額20万円以上の儲けがある場合などがあります。フリーランスになって間もないという方で、あまり収入がないけど確定申告をする必要があるのかどうか疑問に思う方はいるかと思います。個人事業主の場合、儲けた金額の大小や開業届を出しているかどうかに関係なく確定申告は必ずする必要があります。
逆に確定申告が不要なケースというのもあります。20万円以下の副収入、失業保険、遺族年金などが該当します。確定申告が必要か否かの判断はなかなか難しいものがあります。確定申告は個人事業主にとって非常に大事ですので専門の人に任せるのも良いでしょう。

税理士に聞いてみるのが一番

「森川大史税理士事務所」は個人事業主や小さな会社の確定申告や相続税を専門としている税理士事務所です。個人確定申告サービスでは資料を揃えれば面倒な確定申告を引き受けてもらうことができます。また個人確定申告代行サービスも用意されており、領収書や経費が分かるメモなどを送ることで毎月の所得を把握し税金対策の指導も行っています。

森川大史税理士事務所は税務に関する質問にも無料で対応してくれますので、確定申告でお悩みの方はぜひ利用してみてください。 ここから公式サイトへジャンプします

森川大史税理士事務所では、確定申告に関するお悩みに関して初回無料で対応させていただいております。

<森川大史税理士事務所から引用>

フリーランスのおすすめ記事

屋号はどうやって決める?
"屋号はどうやって決める?
確定申告とは何か
"確定申告とは何か
トラブルを防ぐ契約書を作ろう
"トラブルを防ぐ契約書を作ろう

ページトップへ遷移