TOPICS

  • 必要経費はどこまでOK? 必要経費はどこまでOK?

    フリーランスとして確定申告をするにあたり、多くの人が悩むのが「どこまでが必要経費になるか」の判断です。

  • 白色と青色を分ける基準とは 白色と青色を分ける基準とは

    フリーランスの確定申告、青色と白色どっちを選べばいいのか悩んでいる人のためのお役立ち情報を紹介します。

  • 迷ったら困難な道を選択しよう 迷ったら困難な道を選択しよう

    独立して自由を手に入れるか、もしくは安定を死守するべきか。迷って一歩が踏み出せない時に役立つヒントを紹介します。

白色と青色を分ける基準とは

白色と青色を分ける基準とは


白色申告をしたほうがいい人

白色申告とは青色申告と同じく確定申告ですが、青色申告のような特別控除がありません。その代わり経費の計算は細かくする必要がないというメリットがあります。経理が簡単なためそれにかかる事務負担が少なくて済みます。白色申告をしたほうがいい人はどんな人なのかを挙げてみましょう。
まず、青色申告の場合経理の知識が必要ですから、そういった知識がない人の場合でしたら経理が比較的簡単な白色申告が向いていると言えます。同じく事務、経理の問題になりますが、経理には時間がかかりますので時間が割けない人にも向いているでしょう。また、年の途中でフリーランスになったり収入が少ない人にも向いています。経費を計算してみて金額が低いようであれば、その人も白色申告が向いていると言えます。
もし経費となるネット代や電話代があまりかかっていないという方は、経理に時間をかけるだけのメリットはあまりないと言えるでしょう。白色申告は簡易簿記と言われる帳簿を使いますが、簡単な上に手書きである必要はありません。フリーのソフトを探すなどしてそれを利用することをおすすめします。

青色申告をしたほうがいい人

青色申告をすると特別控除というメリットがありますが、経理の知識が必要だったり時間がかかるといったデメリットがあります。メリットとデメリットを考えた上でメリットがあるようなら青色申告をしたほうがいいでしょう。具体的にどのような人が青色申告をしたほうがいいのか見てみましょう。
経理には時間がかかるため経理のための時間が取れる人は青色申告が良いでしょう。ただし経理は必ずしも自分で行う必要はありません。たとえば家族を経理担当にすることでその分の人件費を経費にすることもできます。青色申告には10万円特別控除と65万円特別控除とがあります。10万円特別控除の場合、家計簿のような単式簿記の記帳で済みますので非常に楽です。これは白色申告の収支内訳書を作成するのと手間がほとんど変わりません。ですから同じ処理をするのであれば白色申告よりは10万円の特別控除のある青色申告のほうがいいと言えます。フリーランスの方で収入が65万円を超えるという人は青色申告の特別控除を受けることができるため青色申告を考えてみることをおすすめします。
普段のフリーランスの仕事以外に不動産や株の収入がある人は青色申告をしましょう。フリーランスの仕事との損益通算を行うことができます。ただし65万円の特別控除を受けるために作成する複式簿記は非常に手間かかるため、経験の無い方にはかなり難しいと言えます。経理の経験が無いのでしたら税理士などにチェックしてもらうという手もあります。仕事で人を雇っている人や経理に詳しい人、法人を設立する予定のある人は65万円の特別控除を受けることを考えてみると良いでしょう。なお、青色申告か白色申告かの判断は各自の責任で行うようお願いいたします。

フリーランスのおすすめ記事

屋号はどうやって決める?
"屋号はどうやって決める?
確定申告とは何か
"確定申告とは何か
トラブルを防ぐ契約書を作ろう
"トラブルを防ぐ契約書を作ろう

ページトップへ遷移