TOPICS

  • 必要経費はどこまでOK? 必要経費はどこまでOK?

    フリーランスとして確定申告をするにあたり、多くの人が悩むのが「どこまでが必要経費になるか」の判断です。

  • 白色と青色を分ける基準とは 白色と青色を分ける基準とは

    フリーランスの確定申告、青色と白色どっちを選べばいいのか悩んでいる人のためのお役立ち情報を紹介します。

  • 迷ったら困難な道を選択しよう 迷ったら困難な道を選択しよう

    独立して自由を手に入れるか、もしくは安定を死守するべきか。迷って一歩が踏み出せない時に役立つヒントを紹介します。

屋号はどうやって決める?

屋号はどうやって決める?


屋号とは

屋号とは会社名や店舗名のようなものです。フリーランスのような個人事業主でも屋号を付けることができます。フリーランスとして働くようになったら屋号を付けると便利になるケースがあります。個人事業主でよく見る屋号は、自分の名前に「事務所」を付けた「○○事務所」ではないでしょうか。お店を開くのでしたら自分の名前とお店のジャンルを組み合わせたような名前を付けるケースも多いかと思います。
この屋号ですが、たとえばお店を開くのでしたらお店の名前や看板、領収書などで使えますし、銀行の口座や契約書で使うこともできます。個人事業主の場合、銀行口座や契約書で使うことが多いかと思います。

屋号を付ける目的

個人事業に対して屋号を付けなければならないという決まりはないため、フリーランスの方は屋号を付けずに働くこともできます。その場合は個人名となります。フリーランスの方で個人名で働いている方はかなり多くいます。個人名でも事業を行うことはできるのになぜ屋号を付けるのかと疑問に思う方もいるでしょう。
屋号を付ける主な目的は、ビジネスをする上でメリットがあるからではないでしょうか。個人名よりも屋号のほうが印象に残るというケースはよくあります。ビジネスを成功させる上で相手や客に名前を覚えてもらうということは重要なことです。また、屋号を付けることで自分がどのような仕事をしているのかを大雑把ながらもすぐにわかってもらえるということもあります。もしあなたが今後事業を拡大したいのであれば、個人名よりも屋号を付けたほうがメリットがあるはずです。求人をする際にも個人名よりも屋号で求人を出したほうが応募する人は安心できるはずで、より多くの人材を募ることが可能になるでしょう。

屋号の付け方

屋号を付けるメリットは「どんな事業を行っているのかがわかる」「名前を覚えてもらえる」ところにあります。その屋号を見ただけでどういった事業を行っているのかが瞬時にわかったり、すぐに覚えてもらえれば次回また利用してもらえることへと繋がります。ですから屋号を付けるのであれば、どういった事業を行っているのかをイメージしやすく印象に残りやすい名前が良いでしょう。屋号は変更することもできますが、変更すると色々な手間がかかります。
たとえばすでに取引を行っている相手には新しい屋号に変わったことを伝えなければいけません。また、せっかく名前が知られるようになったところで屋号を変更するとなると、利用者側も混乱してしまったり愛着が薄れたりするおそれもあります。屋号を付ける時にはよく考えて、この先ずっと使えるような屋号を付けるようにしましょう。なお、屋号を付ける際には同業者に同じ屋号がいないかどうか調べておくことが必要です。

フリーランスのおすすめ記事

屋号はどうやって決める?
"屋号はどうやって決める?
確定申告とは何か
"確定申告とは何か
トラブルを防ぐ契約書を作ろう
"トラブルを防ぐ契約書を作ろう

ページトップへ遷移